Monthly Archives: 1月 2015

2014年度青山音楽賞、受賞者決定!

2014年度にバロックザールにおいて優れた演奏をした音楽家に贈る「2014年度青山音楽賞」の受賞者が決定しました。
受賞者7名の方をご紹介します。

◆青山音楽賞 新人賞(演奏時に25歳以下で、ソロリサイタルを開催した音楽家が対象。研修費などを含め賞金330万円)

村松稔之(むらまつとしゆき)/カウンターテナー(受賞対象公演:村松稔之カウンターテナーリサイタル2014年10月10日(金))

村松稔之c.ten

プロフィール:

村松稔之

京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高校)、東京藝術大学(卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞)を経て、同大学院卒業予定。第20回ABC新人オーディション最優秀音楽賞、第16回松方音楽賞奨励賞、第12回千葉市芸術文化新人賞、第29回リトルカメリアコンクール金賞等を受賞。声楽を藤花優子、伊原直子、寺谷千枝子の各氏に師事。藝大フィル、大阪フィル、山形フィル、東京ヴィヴァルディ合奏団等と共演。NHK•FM「リサイタル•ノヴァ」やABC放送にて大阪フィルとの共演などテレビ、ラジオに出演。歌劇「フィガロの結婚」ケルビーノ(ハイライト)、歌劇「ロデリンダ」ウヌゥルフォ、歌劇「メデア」ヘラルド(カヴァー)、歌劇「リア」エドガー(カヴァー)、ライマン作曲「カウンターテナーとピアノのための5つの歌曲」(日本初演)、バッハ「カンタータ」、「ヨハネ受難曲」、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」等のソリストを務める。

 

東紗衣(ひがしさえ)/クラリネット(受賞対象公演:2014年11月6日(木)東紗衣クラリネットリサイタル)

東紗衣cl

プロフィール:

東 紗衣

兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。第23回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門入選。第6回ヤングクラリネッティストコンクール第3位。2013年ロストック音楽演劇大学夏季講習会にてS.Brill氏のマスタークラスに参加し受講者選抜コンサートに出演。国内にてW.Fuchs、P.Berrod、S.Manz各氏等のマスタークラスを受講。在学中、推薦により第40回室内楽定期、木曜コンサートに出演。藝大フィルハーモニアとコープランドのクラリネット協奏曲を共演。これまでにクラリネットを酒井舞子、鬼頭典子、鈴木豊人、磯部周平、十亀正司、山本正治の各氏に、室内楽を池田昭子、寺本義明、守山光三、十亀正司、坂井千春の各氏に師事。現在同大学院音楽研究科修士課程2年に在学、兵庫芸術文化センター管弦楽団コアメンバー。

 

◆青山音楽賞 音楽賞(演奏時に26歳以上35歳以下でソロリサイタルを開催した音楽家が対象。研修費などを含め賞金200万円)

萬谷衣里(まんたにえり)/ピアノ(受賞対象公演:萬谷衣里ピアノリサイタル~ふたりのフランツ~2014年4月20日(日))

萬谷衣里pf

プロフィール:

萬谷衣里

東京藝術大学在学中、大阪市による若手音楽家支援事業《大阪AIS》2003年度選抜アーティストとして演奏活動を始める。カサグランデ国際ピアノコンクール最高位ならびにシューベルト賞、リスト国際ピアノコンクール最高位、シューベルト国際ピアノコンクール入賞、ルーマニア音楽コンクール第1位等を受賞。2009年大阪・いずみホールでのリサイタルに対し、音楽クリティック・クラブ奨励賞を受賞。2011年デビューアルバム「イーストサイド・ラプソディ~リスト&エネスク~」をリリース。現在ドイツを拠点にソリストとして日本、ヨーロッパ各国で数多くのリサイタルおよび音楽祭に出演、室内楽奏者としても活動している。NHK-FM「名曲リサイタル」、北ドイツ放送等に出演。これまでにピアノを中田元子、福井尚子、角野裕、B.ツァック、A.v.アルニム、A.イエンナーの各氏に、歌曲伴奏をK.リヒター氏に師事。京都堀川音楽高校を経て、東京藝術大学、同大学大学院修了。2006年度同大学声楽科ティーチングアシスタント。(財)ローム ミュージック ファンデーション、(財)ヤマハ音楽振興会各奨学生としてロストック音楽大学ピアノ科および室内楽科に留学、ドイツ国家演奏家資格を取得。2007年より同大学非常勤講師。

 

山本康寛(やまもとやすひろ)/テノール(受賞対象公演:山本康寛テノールリサイタル2014年12月17日(水))

山本康寛ten

プロフィール:

山本康寛

京都市立芸術大学声楽専攻卒業、同大学院修了。第82回日本音楽コンクール第2位、平成24年度平和堂財団芸術奨励賞、第32回飯塚新人音楽コンクール第1位、並びに、文部科学大臣賞等を受賞。第25回宝塚ベガ音楽コンクール第2位。NHK-FMのリサイタル・ノヴァに出演し放送された。ミサ曲、第九、モーツァルトのレクイエム、オルフのカルミナ・ブラーナ、メンデルスゾーンのエリア等の各ソリスト、またバッハのクリスマス・オラトリオでは、エヴァンゲリストを務める。オペラでは、モーツァルト「魔笛」タミーノ、青島広志「黒蜥蜴」雨宮潤一、マスカーニ「友人フリッツ」タイトルロール、ニコライ「ウィンザーの陽気な女房たち」フェントン、ラヴェル「子供と魔法」小さな老人、松井和彦「泣いた赤鬼」赤鬼、百姓等を演じる。2014年の沼尻オペラセレクションではコルンゴルド「死の都」パウル役に抜擢された。他にも、ヤナーチェクの歌曲集「消えた男の日記」のオペラ化上演など、様々な分野で精力的に活動している。これまでに安藤恭子、北村敏則、各氏に師事。現在、びわ湖ホール声楽アンサンブルソロ登録メンバー。また、びわ湖ホール4大テノールとしても活動している。

 

◆青山音楽賞 バロックザール賞(演奏時に36歳以上で、ソロリサイタルを開催した音楽家、及びアンサンブルによる演奏会を開催したグループが対象。賞金100万円)

クァルテット・ベルリン・トウキョウ/弦楽四重奏(受賞対象公演:クァルテット・ベルリン・トウキョウ2014年2月16日(日))

バロックザール賞クァルテット.ベルリン.トウキョウ

 

プロフィール:クァルテット・ベルリン・トウキョウ

2011年、武生国際音楽祭出演の要請を受け、ベルリン芸大・ベルリン音大に当時留学中の4人で結成後、活動を本格化。ハイデルベルクの春、エクサン・プロヴァンス、オスロ室内楽、フランクフルト・ホルツハウゼン城、ゴスラー等の音楽祭に招待され、ベルリンフィルハーモニー・ランチタイムコンサート、アムステルダム・コンセルトヘボウ、在ベルリン日本大使館、ベルリン日独センター、ヒンデミット協会主催コンサート等に出演。2012年、ARDミュンヘン国際コンクール弦楽四重奏部門にて特別賞Förderpreis der Jeunesses Musicales Deutschlandを受賞。2013 年、イタリア・ヴェローナのサリエリ・ツィネッティ国際室内楽コンクールで第2位と聴衆賞を受賞。2014年、ベルリンのIrene Steels-Wilsing Stiftungコンクールにて第3位。ニューヨークのヤング・コンサート・アーティストオーディションにて第2位。オランダのオルランド国際室内楽コンクールにて優勝、併せて聴衆賞を受賞。現在、2013年、2014年度松尾学術財団より奨学金を得て、ハノーファー音大でオリヴァー・ヴィレ氏(クス・クァルテッ ト)に師事。ベルリンを拠点に活動。2015年7月より六花亭・ふきのとうホールのレジデンスクァルテットに就任予定。

 

Duo YUMENO 夢乃/箏・チェロ デュオ(受賞対象公演:Duo YUMENO夢乃リサイタル2014年6月15日(日)

Contact:   847-942-5271

 

プロフィール: Duo YUMENO夢乃

2008年、アメリカ・フォートウェイン市のさくらフェスティバルにて初共演。2010年より本格的にデュオ活動をスタート。現在、ニューヨークと日本を拠点に活動中。互いのルーツをもとに、箏・三味線とチェロによる響きの可能性を求め、古典作品から現代の作曲家による委嘱作品まで幅広いレパートリーを持つ。2010年より4年間「花鳥風月」シリーズを日本、アメリカ両国で開催し、毎年マーティン・リーガン氏にデュオ曲を委嘱。2011年、Janet Latz Professional Fellowshipを受賞。2013年、ナムク・ケマル大学の招聘によりトルコにて公演。2014年、国際交流基金ニューヨーク日本文化センター派遣により、トリニダード・トバゴにて公演、同国大統領官邸にて謁見演奏。同年、アメリカ室内楽協会によるクラシック作品委嘱プログラムの助成を得る。これまで、国連本部、ニューイングランド音楽院、タフツ大学などで演奏。ニューヨーク・タイムズ紙等、各メディアで活動を取り上げられる。2015年より4ヵ年計画で、現代を代表するアメリカ人作曲家ダロン・ハーゲン氏に「平家物語」を主題とする作品を委嘱する予定。夫婦として心の通い合ったハーモニーと、英語と日本語による親しみやすいトークで好評を得ている。

清木ナツキ(せいきなつき)/フルート(受賞対象公演:清木ナツキフルートリサイタル2014年12月20日(土))

清木ナツキfl2(こちらを使用する)

 

プロフィール:清木ナツキ
4歳でピアノ、8歳でフルートを始める。東京芸術大学卒業、同大学大学院修了。中村音楽奨学金を得て渡独、ハンブルク国立音楽大学大学院を修了し国家演奏家資格を取得。第17回日本管打楽器コンクール入賞、第6回琵琶湖国際フルートコンクール第3位、第5回シューベルトと現代音楽国際コンクール(オーストリア)にて現代音楽特別賞、第13回エリーゼマイヤーコンクール(ドイツ)第1位受賞。第12回日本フルートコンヴェンションコンクールピッコロ部門入賞(ピッコロ)。イタリア・シエナのキジアーナ音楽院にてA.ニコレ氏の推薦によりスカラシップと同時に名誉ディプロマ賞取得。ソリストとして、東京ニューシティ管弦楽団、広島交響楽団、ハンブルク交響楽団と共演。東京芸術大学大学院在学中の2001年にデビューリサイタルを行い、帰国後もソロリサイタルを各地で開催。これまでに杉原幸子、大代啓二、三上明子、P.マイゼン、M.A.エプシュタインの各氏に師事。2010年より拠点を京都に移し、オーケストラ・室内楽・ソロ等幅広く演奏活動を行っている。

 

 

受賞者のみなさん、おめでとうございます!
授賞式は3月7日(土)午後5時より、青山音楽記念館バロックザールにて行われます。

2015年度青山音楽賞のエントリーも既に始まっています。
特に2015年からは青山音楽賞の内容が新しくなります。
詳細は青山財団事務局まで。
多くの音楽家の方々によるご利用をお待ちしております。