ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » テディ・パパヴラミ 岡田真季 デュオリサイタル
コンサートスケジュール Concert Schedule
(公財)青山財団助成公演
テディ・パパヴラミ 岡田真季
デュオリサイタル
開催日時:2017年 4月15日(土)14:00開演(13:30開場)
出演者 テディ・パパヴラミ(ヴァイオリン)
岡田真季(ピアノ)
演奏曲目 ◆ピエルネ/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ニ短調 Op.36
◆サラサーテ/カルメン幻想曲 Op.25
◆フランク/ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調
入場料 ¥4,000(一般)・¥2,500(学生) ※当日各¥500増【全席自由】
※チケット完売
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 318-128)
◎ピティナかつらぎステーション ☎075-621-6339
◎E-mail:masaisondepiano[at]gmail.com
※[at]を@に書き換えて送信してください。
※学生券はピティナかつらぎステーション
 もしくはメールでのみ取り扱い
※未就学児入館不可
テディ・パパヴラミ(ヴァイオリン)岡田真季(ピアノ)デュオリサイタル▲拡大版は画像をクリック
テディ・パパヴラミ Tedi Papavrami ヴァイオリン
1971年 ティラナ(アルバニア)生まれ。ヴァイオリン教師だった父の手ほどきを受け、5歳からヴァイオリンを始める。11歳で演奏したソーレのカデンツァによるパガニーニ「ヴァイオリン協奏曲 第1番」は聴衆に衝撃を与えた。演奏旅行でアルバニアを訪れたフルート奏者A.マリオンに才能を見出されるとフランス政府から奨学金を受け82年に渡仏、パリ国立高等音楽院にてP.アモイヤルに師事。その後フランス国籍を取得する。 85年ロドルフォ・リピツァー賞国際コンクール優勝。93年パブロ・サラサーテ国際コンクール優勝及び特別賞受賞。ソリストとしてクルト・ザンデルリンク、アントニオ・パッパーノ、エマニュエル・クリヴィヌ、フランソワ=グザヴィエ・ロトなど多くの名指揮者と共演するほか、ネルソン・ゲルナー、アルド・チッコリーニ、マリア・ジョアン・ピリス、マルタ・アルゲリッチなどのピアニストや、チェロ奏者マルク・コペ、クラリネット奏者ポール・メイエ、ヴィオラ奏者ローレンス・パワーなどとアンサンブルを繰り広げている。また「シューマン・ピアノ四重奏団」のメンバーとして9年間活動。2011年よりフランソワ=フレデリック・ギィ、グザヴィエ・フィリップらとベートーヴェンのヴァイオリンソナタ及びピアノトリオに定期的に取り組んでいる。 録音も数多く、14年リリースの「イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ全曲と2本のヴァイオリンのためのソナタ(共演S.ルセフ)」はディアパソン・ドール及びショック・クラシカにて年間賞受賞。08年よりジュネーヴ高等音楽院教授。14年フランス政府より「芸術文化勲章シュヴァリエ」受章。使用楽器はLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン貸与の1727年製ストラディヴァリウス「Reynier」。演奏活動の他に、その文才からアルバニアを代表する作家イスマイル・カダレの作品のフランス語訳を手掛け、すでに10冊を超える。13年に書き下ろした波乱万丈の半生の自叙伝「ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ」が、16年3月に邦訳出版。
岡田 真季 Maki Okada ピアノ
桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。ピアノ科卒業演奏会に出演。 ’05年 渡仏し、パリ国立地方音楽院(現CRR de Paris)最高等課程を審査員満場一致の最優秀の成績で卒業。’10年帰国。国内外のコンクールで優秀な成績をおさめる。これまでに東京ニューシティー管弦楽団、関西フィルとの共演。 ‘05 八ヶ岳にて田崎悦子氏の主催するピアノマスタークラス「Joy of Music」に参加。翌年夏より開催の「Joy of Music in 奈良」では、毎年アシスタントとして活躍。 また、その他演奏活動も積極的に行い、近年では’09年パリでのオール・ラフマニノフ・プログラムによるリサイタルや、’11年、’13年にパリ、京都と東京にてソロリサイタルを開催し、フランス現代作曲家 ユーグ・デュフールより献呈された作品を日本初演、雑誌「音楽の友」でも高い評価を受ける。キエフ国立交響楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲 第3番を共演、また奈良フィルハーモニー管弦楽団、立命館大学交響楽団の定期演奏会にてソリストをつとめる。フルートの工藤重典やP.ベルノルド、X.ラック、W.アウアーらと、またチェロの菅野博文、ヴァイオリンのT.パパヴラミなど世界トップアーティストと共演し、ソロに留まらず幅広いジャンルで活動している。YouTubeでの「ピティナピアノ曲事典」への音源提供も多数。また自宅サロン「シェ・モザー」にてトークコンサート・シリーズを企画・出演。2016年12月、バッハとラフマニノフによるプログラムでリサイタルを開催。  現在まで大江章子、市田悦子、ウラジミール・オフチニコフ、中島和彦、田崎悦子、ジャン=マリー・コテ、エレナ・ロザノヴァの各氏に、室内楽を藤井一興、石井志都子、ヨヴァン・マルコヴィッチ(イザイ・カルテット)の各氏に師事。また、国内外のマスタークラスではJ.=F.エッセール、M.ヴォスクレセンスキー、T.ゼリクマンなど世界的な音楽家に助言を受ける。(社)全日本ピアノ指導者協会 正会員。同協会審査員。京都光華女子大学非常勤講師。
ホームページ omakimaki.com