ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » Salzburger Schlosskonzerte IN KYOTO ルッツ・レスコヴィッツ(ヴァイオリン)野村恵子(ソプラノ)ジョイントコンサート
コンサートスケジュール Concert Schedule
(公財)青山財団助成公演
Salzburger Schlosskonzerte IN KYOTO
ルッツ・レスコヴィッツ(ヴァイオリン)
野村恵子(ソプラノ)ジョイントコンサート
開催日時:2017年 5月14日(日)15:00開演(14:30開場)
出演者 ルッツ・レスコヴィッツ(ヴァイオリン)
野村恵子(ソプラノ)
中村展子(ピアノ)
演奏曲目 ◆J.S.バッハ/
 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ
  第1番 ト短調 BWV1002
 マタイ受難曲 BWV244 より アリア
  「愛によりてわが救い主は死に給わんとす」
◆ブラームス/
 メロディーノのように Op.105-1
 私の愛は緑 Op.63-5
◆ベートーヴェン/ヴァイオリンソナタ 第5番 ヘ長調 「春」 Op.24 ◆中田喜直/
 さくら横ちょう
 髪
◆貴志康一/  
 月  
 赤いかんざし  他
入場料 ¥4,000 ※当日¥500増 【全席自由】
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 318-947)
※未就学児入館不可
Salzburger Schlosskonzerte in Kyoto ルッツ・レスコヴィッツ(ヴァイオリン)野村恵子(ソプラノ)ジョイントコンサート▲拡大版は画像をクリック
ルッツ・レスコヴィッツ Luz Leskowitz ヴァイオリン
6歳よりヴァイオリンを始める。13歳でウイーン音楽アカデミーに入学し、ヴァーシャ・プシホダ、リカルド・オドノプゾフに師事。その後、モーツアルテウム音楽大学にてヴィオラをエルンスト・ウォールフィッシュに師事。卒業後、世代で最も優れたヴィオリニストとしてユーディ・メニューインに招かれ、ロンドンのメニューイン音楽院にて教鞭をとる。20歳でロンドンのエリザベスホール、ウイグモアホール、ニューヨークのカーネギーホール等にてデビューコンサートを行い、その後世界各地で演奏活動を行っている。また1970年にドイツで室内楽音楽祭、ハルツブルガー音楽祭を立ち上げ、その後オーストリア、ドイツ、イタリア、日本などで15個の音楽祭を設立した。1979年に自らが主宰する室内楽団、ザルツブルガー・ゾリステンを設立。この楽団のデビューは、ザルツブルグ祭にてのメニューインとの協演で、現在は世界中で定期公演を行っている。さらに1991年から2015年までは、ミラベル宮殿におけるシュロスコンサートのオーナー兼音楽総監督として精力的に活動。
共演者にはパウル・バドゥラ=スコダ、ヴィルヘルム・ケンプ、イングリッド・ヘブラー、イェルク・デームス、ユーディ・メニューイン、イゴール・オイストラフ、ノルベルト・ブライニン、ダビッド・ゲリンガス、ハインリヒ・シフ、ムスティラフ・ロストロポーヴィッチ、ヘルマン・バウマン、カール・リヒター、ミカラ・ペトリ、シャロン・ベザリー、ホーカン・ハーデンベルガー、エリー・アメリンク、バルトーク四重奏団、ラーク四重奏団、ヴォーチェス四重奏団等数多くの名演奏家が名を連ねている。イェルク・デームスとはDUOを組んで50年となり、2015年10月には京都青山音楽記念館にて50周年コンサートを行った。また2016年より、本物の音楽を日本でという意思のもと、ミラベル宮殿コンサート イン JAPANシリーズを開催。第1回には、ロンティボー国際コンクール覇者ヴァイオリニスト小林美恵氏を迎え好評を博した。演奏には1707年製造ストラディバリウス『プシホダ』を使用。
野村 恵子 Keiko Nomura ソプラノ
愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。旧東独ワイマールリスト音楽院・モーツァルトテウム音楽院の各夏期音楽セミナー修了。イェルク・デームス マスタークラスを数回受講しミラベル宮殿で演奏して修了。ドイツ文化センターにおけるエリー・アメリング、イェルク・デームス両氏のマスタークラスも数回受講し修了。
京都ゲヴァントハウス合唱団ヨーロッパ演奏旅行にて数回参加し毎回ソリストを務める。大阪フィルハーモニー推薦コンサート、同志社大学学芸学部音楽学科メサイアのソプラノソロを務め好評を博す。リサイタルをイェルク・デームス、トム・ボレン、中村展子の各氏と10回ミラベル宮殿と国内にて開催した。2002、2010、2013年ミラベル宮殿にてルッツ・レスコヴィッツ教授と共演。また、2007年ミラベル宮殿にてルッツ・レスコヴィッツ教授のバースデーコンサートに特別出演。小川隆宏合唱音楽の世界では毎回ソリストを務める。今年9月9日京都コンサートホールムラタにて竹取物語の媼を務める予定。
安田年子、榎本八重子、ローレ・フィッシャー、パウル・シルハウスキー、エリー・アメリング、三ツ石潤司の各氏に師事。現在、神田幸子、イェルク・デームス、アグネス・グロスマンの各氏に師事。 1995年まで石山高校音楽科、2005年まで華頂高校音楽科各講師。現在京都ゲヴァントハウス合唱団々員、総本山知恩院佛教音楽研究所嘱託研究員、めぐみ合唱団指揮者、アンサンブルミルフィーユ主宰。 ムジカA国際音楽協会、日本演奏連盟、京都音楽家クラブ、各会員。日本シューベルト協会同人。 第3回日本の歌コンクール銅賞受賞、第24回京都芸術祭音楽部門京都府知事賞受賞。
中村 展子 Nobuko Nakamura ピアノ
大阪音楽大学ピアノ科卒業。ウィーン国立音楽大学リート伴奏科卒業。旧東独ワイマール夏期音楽セミナー修了。
共演ピアニストとして多数の演奏会に出演し、放送、録音、新作初演など多岐に渡って活躍を続けている。これらに加え、フォルテピアノ、通奏低音のチェンバロ、オルガン奏者としても高い評価を受けており、歌曲を中心としたアンサンブルピアニストとして多くのアーティストから絶大な信頼を集めている。
CD『日本歌曲』第1〜10集の伴奏を務め、「レコード芸術」などの音楽誌批評で高い評価を受ける。日本シューベルト協会主催国際歌曲コンクールやトスティ歌曲国際コンクールアジア予選大会の公式ピアニストを務める。
第25回京都芸術祭音楽部門京都新聞社賞受章。
現在、大阪音楽大学大学院講師。(社)日本演奏連盟、国際ピアノデュオ協会各会員。