ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » ピアノデュオ ラ・フェリ 連弾リサイタル 20本の指が映し出す音の万華鏡 ~オリジナルからオーケストラ曲まで~
コンサートスケジュール Concert Schedule
(公財)青山財団助成公演
ピアノデュオ ラ・フェリ 連弾リサイタル
20本の指が映し出す音の万華鏡
~オリジナルからオーケストラ曲まで~
開催日時:2017年 8月6日(日)14:30開演(14:00開場)
出演者 竹添 歩(ピアノ)
金沢昭奈(ピアノ)
演奏曲目 ◆ドビュッシー/小組曲
◆シューベルト/アンダンティーノと変奏 Op84-4
◆メンデルスゾーン/アンダンテと華麗なるアレグロ Op.92
◆山口友寛/Multidimensional color combination
◆スメタナ/「我が祖国」よりモルダウ
◆シベリウス(山口友寛編)/フィンランディア
◆ドビュッシー(ラヴェル編)/牧神の午後への前奏曲
◆ラヴェル/ラ・ヴァルス
入場料 ¥2,000 ※当日¥500増 【全席自由】
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 331-278)
◎E-mail:pianoduolafeerie[at]gmail.com
※[at]を@に書き換えて送信してください。
※未就学児入館不可
ピアノデュオ ラ・フェリ 連弾リサイタル 20本の指が映し出す音の万華鏡 ~オリジナルからオーケストラ曲まで~▲拡大版は画像をクリック
ピアノデュオ ラ・フェリ Piano Duo La Féerie
2010年、フランス・ジュヌヴィリエ地方音楽院室内楽科にて、竹添歩と金沢昭奈によってピアノデュオ 「ラフェリ」を結成。同科の高等ディプロムを審査員全員一致の賞賛付き最優秀賞の一位で取得。 翌年より巨匠ジャン=マルク・ルイサダ氏の指導のもと本格的に活動を開始、ヨーロッパ内外での数々の国際コンクールにおいて受賞を重ねる。ニューヨーク・カーネギーホールやイタリア4都市でのコンサートツアー、フランス各地での国際音楽祭出演やパリでの定期演奏会など好評を博す。2013年より毎夏一時帰国し、東京・愛知・大阪などでリサイタルを行う。2014年、N.A.T社よりファーストCD「Clé des Fées(クレ・デ・フェ)」をリリース。近年はオリジナル作品や楽譜作成にも力を入れている。「現在パリで最も優れたピアノデュオ」( ラジオ・フランス・元アーティスト・ディレクタ ー)、「まるで一人で演奏しているかのような 息の合った類まれなる連弾デュオ」( イタリア・パドヴァ音楽文化協会アーティストディレクター)「どこまでも透明感のある響きを作り上げているのがすごい。今後の活躍を期待したい新しいデュオの登場」(CDジャーナル誌)「繊細で優しい感受性にあふれた演奏。表現は洗練され、音色も多彩。とても音楽的」(レコード芸術誌)などと評され、今後の活躍が期待されている。

<主な国際コンクール受賞歴> ●フランス国際音楽コンクール 連弾部門 第一位 ●フランス国際ピアノグランド・コンクール 連弾部門 審査員全員一致の第一位 ●第1回パリ・パッサージュ・ヴェール・レゼトワール音楽コンクール 室内楽部門 優勝 ●ブラッドショウ&ブオーノ国際ピアノコンクール(アメリカ)ピアノデュオ部門 第一位 ●第22回ローマ国際ピアノコンクール(イタリア)連弾部門 第三位 ●第18回ブレストピアノコンクール(フランス)連弾部門 審査員全員一致の賞賛付き第一位 ●第24回カミッロ・トーニ国際ピアノコンクール(イタリア)連弾部門 最高位およびドビュッシー賞 ●第18回シューベルト国際ピアノデュオコンクール(チェコ共和国)入賞  ●第11回パドヴァ国際音楽コンクール(イタリア) ピアノデュオ部門一位、全部門総合二位 ●第1回モナコ国際ピアノ連弾コンクール 優勝

公式サイトURL: www.pianoduolafeerie.com
竹添 歩 Ayumi Takezoe ピアノ
大阪生まれ。三歳よりピアノを始める。大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を首席で卒業後、フランスへ渡る。パリ・エコールノルマル音楽院にて学び、ピアノ高等演奏科ディプロム、室内楽科高等コンサーティストディプロム(最高課程)を取得。ジュヌヴィリエ地方音楽院ピアノ科及び室内楽科にて音楽研究資格(国家資格)を審査員全員一致の一位で取得し修了。日本では堺市新人演奏会、朝日推薦演奏会などに出演。ピアノコンチェルトをさやまフィルハーモニックオーケストラと共演。パリでは「マレの音楽の時間」コンサートシリーズレギュラーアーティスト、またコルトーホール、アンドレ・マーシャルホール、サンボネ劇場等で演奏。ボルドー、リール等地方でも演奏会を行う。これまでに、西恵美、坂弘子、原直子、林佳勳、ヴィクトリア・メルキ、ジャン=マルク・ルイサダ各氏にピアノを、マリー=ピエール・ソマ、ジャン=クロード・ブヴレス各氏に室内楽を師事。第57回マドレーヌ・ド・ヴァルマレートピアノコンクール第一位。第14回イル・ド・フランス国際ピアノコンクール第一位。第86回レオポルド・ベラン国際音楽コンクールピアノ部門にてグランプリ受賞、ガラコンサートに出演。バルビゾン国際音楽フェスティバルでのリサイタルに招聘される。現在パリ在住。ソロや室内楽の演奏活動の他、パリおよび近郊の音楽学校にてピアノ講師、ジュヌヴィリエ地方音楽院にて伴奏員を務める。
金沢 昭奈 Akina Kanazawa ピアノ
京都生まれ。愛知県立芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻首席卒業、桑原賞受賞。第27回読売中部新人演奏会に出演。同大学大学院修士課程ピアノ研究科修了。国内のコンクールにてピアノソロや室内楽部門で多数受賞。電気文化会館にてリサイタルデビュー。ピアノソロのほか、伴奏者、室内楽奏者としても活動する。2010年、更なる研鑽のため渡仏、ジュヌヴィリエ地方音楽院室内楽科、スコラカントールム音楽院ピアノ科にて学ぶ。第85回レオポルド・ベラン国際音楽コンクールピアノ部門第一位。クレドールコンクールピアノ部門第二位。シャトー国際ピアノコンクール日仏友好特別賞受賞。フランス国際音楽コンクールにてコンサート・ディプロム部門第二位。フランス国際ピアノグランドコンクール第二位。これまでにピアノを大森静香、笹嶋玉緒、笠間春子、西川秀人、ヴァディム・サハロフの各氏に、ピアノ室内楽を北住淳、上田晴子の各氏に師事。渡仏後は、ピアノをテオドール・パラスキヴェスコ、ピアノ室内楽をジャン=クロード・ブヴレス、ジャズピアノをヴァレリー・ヴァンツァキヌの各氏に師事。Association Culturelle de Port Marly講師。日本に定期的に帰国し、幅広いジャンルで演奏活動を行っている。