ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » イェルク・デームスとマイスタークラスによるフランス音楽 ~音楽 - それは自然の最も美しい声~
コンサートスケジュール Concert Schedule
(公財)青山財団助成公演
イェルク・デームスと
マイスタークラスによるフランス音楽
~音楽 - それは自然の最も美しい声~
開催日時:2017年 11月23日(木・祝)14:30開演(14:00開場)
出演者 イェルク・デームス
古新 薫
山下由香
浜本百合
平田道子
西應 静(以上ピアノ)
末廣亜矢子(ソプラノ)
演奏曲目 ◆フランク(デームス編)/
 前奏曲、フーガと変奏曲 Op.18
◆フォーレ/
 舟歌 第6番 Op.70
 夜想曲 第7番 Op.74
◆ドビュッシー/
 映像 第1集
 映像 第2集
 前奏曲集 第1巻より
◆フランク/
 前奏曲、コラールとフーガ
◆デームス/
 リュクサンブールの小径
 秋の歌
◆ショーソン/
 蜂雀
◆デュパルク/
 悲しき歌
 旅への誘い
入場料 ¥3,000 ※当日¥500増【全席自由】
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 339-882)
※未就学児入館不可
◎E-mail:demuskyoto[at]gmail.com
※[at]を@に書き換えて送信してください。
イェルク・デームスとマイスタークラスによるフランス音楽 ~音楽 - それは自然の最も美しい声~▲拡大版は画像をクリック
イェルク・デームス Jörg Demus ピアノ
1928年オーストリア生まれ。6歳のとき母の手ほどきでピアノを始め、11歳でウィーン音楽アカデミーに入学し、ピアノと指揮を学ぶ。在学中の14歳の時ウィーン楽友協会にてデビュー。高校に通う傍ら、ピアノをW.ケルシュバウマーに、オルガンをC.ワルターに、指揮をH.スワロフスキー、J.クリップス、作曲をJ.マルクスに師事。その後51~53年までパリにてY.ナットに師事する。W.ギーゼキング、W.ケンプ、A.B.ミケランジェリ、E.フィッシャーの教えも受ける。21歳の時、チューリッヒ、ロンドンにて、コンツェルトハウス・カルテット・ウィーンとの共演でデビューコンサートを行い、翌年の南アメリカツアーでは36回のコンサートを行う。53年パリ・サル・ガヴォーにてセンセーショナルなデビューを飾った。56年ブゾーニ国際コンクール(イタリア、ボルツァーノ)での優勝を機に、世界各地で演奏活動を開始する。ニューヨークでもデビューし、以来アメリカで毎年のツアー、61年以来、アジア、オーストラリア、日本でも定期的にツアーを行う。ザルツブルク、ウィーン、ルツェルン、モントルー、ニューヨーク、東京など、世界各地の音楽祭にも多く招かれている。H.v.カラヤン、J.クリップス、W.サヴァリッシュ、小澤征爾などの指揮者との共演も多い。さらに、古楽器の演奏解釈の権威としても名を馳せ、バッハ作品にみせる的確な解釈、ドビュッシー作品における色彩豊かで柔軟な表現力、またモーツァルトからシューマンに至るドイツのピアノ曲の伝道師として他の追随を許さず、フランク作品の演奏でも絶大な評価を受けている。伴奏者としても、E.シュヴァルツコプフ、D.フィッシャー=ディースカウ、E.アメリンク、P.シュライアー、T.アダムなどの著名な歌手から絶大な信頼を受けるほか、J.スーク(Vn)、A.ヤニグロ(Vc)などの名器楽奏者とも度々共演。古楽器への関心を分かちあうP.バドゥラ=スコダとは、ピアノデュオの演奏会も多く行っている。ブロードウッド、アントン・ヴァルター、コンラート・グラーフなどの貴重なオリジナル楽器を入手し、これらの楽器にふさわしい作品の収録も行っている。ベートーヴェンの生誕200周年にはベートーヴェン・フェスティヴァル(ボン)にて、名器ブロードウッドとコンラート・グラーフで演奏した。ザルツブルク郊外のデームスの拠点「ムゼオ・クリストフォリ」にはピアノの歴史を物語る数々の名器が置かれ、毎夏マスタークラスを行っている。またヨーロッパ、アメリカ、日本などで教育者としても厚い信頼を寄せられている。
古新 薫 Kaoru Konii ピアノ
京都市立堀川高校音楽科(現京都市立京都堀川音楽高校)を経て、京都市立芸術大学音楽学部卒業。1984年ハンブルクにてコンラート・ハンゼン教授によるマイスタークラス、2001年京都フランス音楽アカデミー参加。ソロリサイタルの他、伴奏・室内楽など幅広く活動している。「京都芸術祭」において亀岡市長賞・京都府知事賞・コミュニティ賞受賞。故 吉田輝子、故 岩淵洋子、故 園田高弘、イェルク・デームス、ケマル・ゲキチの各氏に師事。現在、京都堀川音楽高等学校、京都文教短期大学講師。
山下 由香 Yuka Yamashita ピアノ
京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専修卒業後、自らの企画による独奏会・室内楽と独奏を組み合わせた演奏会・依頼コンサートなどで活動し研鑽を積む。ピアノ二重奏、室内楽アンサンブル、管弦楽団との共演などもおこなう。バッハ平均律クラヴィーア曲集〇人〇色演奏会に多数出演。又、クラシック音楽になじみの少ない人たちにその感動を伝えたいとの願いをもとに、コンサートホール以外の学校・病院・教会・町屋等での演奏会も手がけ力を注いできた。藤井園子、元濱綏子、平井丈二郎、古川五巳、各氏に又近年はイェルク・デームス氏に師事。
浜本 百合 Yuri Hamamoto ピアノ
桐朋学園高校音楽科を経て、同大学演奏学科ピアノ専攻を卒業。これまでピアノを林浅子、矢田暎子、井口基成、有賀和子氏に、指揮伴奏を斎藤秀雄氏に師事。ミュンヘン、ガーベルクで研鑽、ミラベル宮殿等で演奏。大阪フィル、桐朋オーケストラ・アカデミー、J.デームス氏らと共演。香月修作品展、ブライトンホテルの音楽祭一夜をピアノソロで、守山ルシオール、リラ会、メサイア、創美、昨年(公財)青山財団助成公演で山下由香氏と出演。現在、ピアノをJ.デームス、B.ベクテレフ、大井美佳氏に師事。関西桐朋会、桐朋学園同窓会、京都音楽家クラブ会員。京都ロータリークラブピアニスト。
平田 道子 Michiko Hirata ピアノ
京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科卒業。佐藤滋子、金澤奈津子、志水英子、故園田高弘、故中島和彦の諸氏に師事。C.ハンゼン、J.M.ダレ、J.F.エッセール、J.ルヴィエ諸氏のマスタークラスを受講。2007年よりイェルク・デームス氏に師事。2014,2015年オーストリアのガーベルクにおける講習会に参加。関西を中心に、浜松、東京、広島、筑波で多数のコンサートに出演。関西フィルハーモニー管弦楽団、モーツァルト年記念オーケストラとのコンチェルト、故中島和彦氏とのピアノデュオをはじめ、多くの演奏家と共演を重ねる。現在、大阪国際大学、四天王寺大学非常勤講師。
末廣 亜矢子 Ayako Suehiro ソプラノ
大阪音楽大学卒業、及び同大学学部専攻科修了。第16回飯塚新人音楽コンクール第1位、第10回宝塚ベガ音楽コンクール第1位(2位なし)、第11回和歌山音楽コンクール第1位(2位なし)、第6回JSG泉の森国際歌曲コンクール第2位。平成11年度坂井時忠音楽賞、第4回松方ホール音楽賞選考委員奨励賞、平成17年度尼崎市民芸術奨励賞各受賞。オペラ「蝶々夫人」蝶々夫人、「ラ・ボエーム」ミミ、「夕鶴」つう、「フィガロの結婚」スザンナ、「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、など数多くのオペラに出演。2017年10月関西二期会オペラ公演「魔弾の射手」エンヒェン役で出演予定。日本シューベルト協会、日本声楽発声学会、東京室内歌劇場、関西二期会、尼崎芸術協会、西宮音楽協会、神戸音楽家協会、神戸波の会各会員。神戸日独協会講師。
西應 静 Shizuka Nishio ピアノ
6歳よりピアノを始める。大阪芸術大学在学時にイェルク・デームス氏に出会いオーストリアでの夏期マスタークラスに参加。デームス氏の勧めによりその秋よりウィーンに留学する。ウィーン市立音楽院ピアノ演奏科卒業。ディプロム取得。留学中より学内外での演奏会に多数出演し、帰国後はリサイタルやオーケストラとの協演などのソロ演奏の他、室内楽や歌曲や合唱などの伴奏者として活動する。また毎年春と秋に師・デームス氏によるレクチャー&コンサートなどを企画し、その通訳も務める。これまでに金澤奈津子、故金澤益孝、G.ゲレチュレーガー、イェルク・デームスら各氏に師事。 日本演奏連盟、枚方演奏家クラブ、各会員。