ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » 心ゆさぶるトリオの名曲 フジタ・ピアノトリオ演奏会
コンサートスケジュール Concert Schedule
(公財)青山音楽財団助成公演
心ゆさぶるトリオの名曲 フジタ・ピアノトリオ演奏会
開催日時:2018年 5月13日(日)16:00開演(15:30開場)
出演者 藤田ありさ(ヴァイオリン)
藤田ほのか(チェロ)
藤田めぐみ(ピアノ)
演奏曲目 ◆モーツァルト/ピアノ三重奏曲 ハ長調 K.548
◆スメタナ/ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.15
◆メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 Op.49
入場料 ¥3,000(一般)・¥2,000(学生)【全席自由】
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 100-170)
◎フジタ・マスタークラス実行委員会 ☎080-1987-2334
E-mail:masterclass[at]fujitapianotrio.com
※[at]を@に書き換えて送信してください。
※未就学児入館不可
心ゆさぶるトリオの名曲 フジタ・ピアノトリオ演奏会▲拡大版は画像をクリック
フジタ・ピアノトリオ Fujita Piano Trio
国際コンクール等の受賞歴のある3姉妹はピアノ三重奏団フジタ・ピアノトリオを編成し、1998年に国際交流基金主催によるモロッコ、イタリア、エジプト公演を機にトリオとして演奏活動を本格的に始め、1999年にウィグモア・ホールで英国デビュー。2000年には東京・王子ホールで日本デビュー。以後、ヨーロッパを中心に活動し、英国での演奏は150ケ所を超え、特にベートーヴェンの三重協奏曲ではヨーロッパのオーケストラと17回演奏した。これまでにエネスク交響楽団、ルーマニア国立放送管弦楽団、ブラショフ交響楽団(いずれもルーマニア)、英国ロンドン・ソロイスツ室内管弦楽団、ロンドン・コンサートシンフォニア、英国エクセター交響楽団、フランス国立ロワール交響楽団などと共演。日本では京都フィルハーモニー室内合奏団と兵庫県立芸術文化センター大ホールで共演。2001年に初のCD(武満徹のピアノ三重奏曲ほか)をロンドンでリリース。続いてチャイコフスキー、ラヴェル、ショスタコービッチ、シューベルト、ドヴォルザーク、スメタナ、メンデルスゾーンなど計6枚のピアノ三重奏曲をリリース。2007年度第17回青山音楽賞バロックザール賞をフジタ・ピアノトリオとして受賞。尚、メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲のCDは、レコード芸術2015年10月号で推薦盤に選ばれた。 www.fujitapianotrio.com
藤田 ありさ Arisa Fujita ヴァイオリン
5才のときより、イラクのバグダッドでモスクワ音楽院卒出身の教師よりヴァイオリンの手ほどきを受ける。12才から英国ギルドホール音楽院ヴァイオリン科主任教授デーヴィッド・タケノに師事。1988年全英アウディ・ジュニア音楽コンクールで優勝したのち、91年ギルドホール音楽演劇大学に入学。学内の全てのヴァイオリン・コンクールで1位を獲得したほか、ローズ・ボール賞、シェリフ賞、ボイス財団奨学金賞ほかを受賞。98年チャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン部門セミファイナリスト。近年はアイルランドのFeisCeoil音楽コンクールの審査員、秩父国際音楽祭招聘指導者を務め、2014年ザルツブルグ国際音楽祭に出演。また英国のMaiastra室内楽コース・ディレクター及びA.ウッドコック財団の役員。2014年よりスイス・ジェモー四重奏団の第一ヴァイオリンもつとめている。英国ギルドホール音楽大学及び大学院のヴァイオリン科教授。
藤田 ほのか Honoka Fujita チェロ
3才でピアノを始め、アイルランドで10才の時にチェロを習得。イスラエルでテルアビブ大学の名教授ウージ・ヴィーゼルに師事。14才で英国でジェニファー・ウォードクラーク、ラファエイル・ヴァルフィッシュ、スティーブン・ドーンに師事し、名門英国ギルドホール音楽大学及び大学院ですべてのチェロ・コンクール第1位。ドボルザーク、ハイドン、シューマン協奏曲、ブラームスダブルコンチェルト等を英国各地のオーケストラと共演。英ミュージックWorksサマーコース講師。カザルス、トルトゥリエ、ピアティゴルスキーの3大チェリストの高弟のもとで研鑽を積む。日本チェロ協会正会員。
藤田 めぐみ Megumi Fujita ピアノ
ニュージーランド生まれ。14才で英国メニューイン音楽学校に留学。巨匠メニューインと共演。イスラエルのテルアビブ大学大学院、英国王立音楽大学大学院卒。サイモン・ニコルズ、ルイス・ケントナー、ヴラド・ペルルミュテール、イリナ・ザリツカヤ、アレクサンドラ・アンドリエフスキーに師事。ベーゼンドルファー国際ピアノコンクール第3位、モントリオール国際ピアノコンクール第4位、ショパン国際ピアノコンクールディプロマ及びショパン奨学基金委員会賞など多数のコンクールで入賞。PTNAピアノコンペティション特級銀賞及び正会員。ラフマニノフ24の前奏曲及びベートーヴェン、ラヴェル、ラフマニノフのピアノ作品集、ショパン 24のエチュードのCD3枚をスウェーデンのIntim Musikレーベルでリリース。旧ソビエトの名ピアニスト、 イリナ・ザリツカヤ(ポリーニの優勝したショパン・コンクールで2位)のもとで18年近く研鑽を積む。日本ショパン協会正会員。日本演奏連盟正会員。