ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » 田崎悦子 ピアノリサイタル 三大作曲家の愛と葛藤 ― 後編 ―
コンサートスケジュール Concert Schedule
(公財)青山音楽財団助成公演
田崎悦子 ピアノリサイタル
三大作曲家の愛と葛藤 ― 後編 ―
開催日時:2018年 9月23日(日)14:00開演(13:30開場)
出演者 田崎悦子(ピアノ)
演奏曲目 ◆ショパン/マズルカ集より
◆シューマン/クライスレリアーナ op.16
◆リスト/
 巡礼の年 第2年 《イタリア》
(「ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」を含む全曲)
入場料 ¥4,000(一般)・¥2,500(学生) ※当日各¥500増【全席自由】
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 100-353)
◎PTNAかつらぎステーション
 ☎075-621-6339 または ☎0745-48-4156
※未就学児入館不可
田崎悦子 ピアノリサイタル 三大作曲家の愛と葛藤 ― 後編 ―▲拡大版は画像をクリック
田崎 悦子 Etsuko Tazaki ピアノ
幼少より井口秋子氏に師事、日本学生コンクール優勝、桐朋学園高校卒業後、ニューヨーク・ジュリアード音楽院で研鑽を積み、以後30年間ニューヨークに在住、国際的活動を続ける。ブゾーニ国際・リストバルトーク国際コンクール入賞後、1971年ヨーロッパ楽壇デビュー。1972年カーネギーホールにてニューヨークデビュー。その後、アメリカ全土、ヨーロッパの主要都市で、リサイタル、オーケストラとの協演を重ねる。これまでに、世界的指揮者ショルティ、サヴァリッシュ、スラットキン、ブロムシュテット、小澤征爾など率いる世界のオーケス卜ラとの協演。アメリカ建国200年記念祭では、アメリカを代表する若手ピアニストとして選ばれ、ケネディセンターでリサイタルを行った。又、ルツェルン、マールボロ、アスペン、サイトウ・キネン、草津音楽祭などの国際フェスティバルに出演。日本では、『ドイツロマンをもとめて…』『ピアノ・マラソン』など、これまでの概念を打ち破った企画と演奏で絶大な注目を浴び『三大作曲家の遺言』は、1997年文化庁芸術祭参加作品となった。2014年に大阪、2016年には東京文化会館にて再度行われたブラームス小品集、ベートーベンピアノソナタ30番、31番、32番、シューベルト遺作の3大ソナタの3人の最期のピアノ作品を3回に渡って演奏する『三大作曲家の遺言』シリーズは前回を上回る絶賛を浴び、NHK BSでもライブ収録で複数回放映される。そのレコーディングCD『Legacy』4枚組(若林工房)は「レコード芸術」誌、特選盤となる。その他、『バッハ・パルティータ』(カメラータ)『ショパン・ファンタジア』(若林工房)が特選盤となる他、CD多数。これまでに、米ワシントン大学教授・東京音楽大学教授、桐朋音楽大学及び同大学院特任教授を歴任。 2002年より、合宿型公開ピアノセミナー『Joy of Music』(総監督)を 毎年、春休みに八ヶ岳、夏休みに奈良で開催。カワイ表参道「パウゼ」にてシリーズ『Joy of Chamber Music』『Joy of Music 40+』等の監修に当たる。
HP: www.etsko.jp