ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » イアン・ボストリッジ テノール・リサイタル
コンサートスケジュール Concert Schedule
主催:公益財団法人青山音楽財団
イアン・ボストリッジ テノール・リサイタル
開催日時:2019年 1月19日(土)15:00開演(14:30開場)
出演者 イアン・ボストリッジ(テノール)
サスキア・ジョルジーニ(ピアノ)
演奏曲目 ◆シューベルト/「冬の旅」 op.89 D911 全曲

※この公演は休憩がございません。 ご了承ください。
入場料 ¥5,000【全席指定】
★予定枚数終了
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎ローソンチケット ☎0570-000-407(Lコード 52220)
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 126-311)
※未就学児入館不可
イアン・ボストリッジ テノール・リサイタル▲拡大版は画像をクリック
イアン・ボストリッジ  Ian Bostridge テノール
世界各地で目覚ましい活躍を続け、ザルツブルク、エディンバラ、ミュンヘン、ウィーン、サンクトペテルブルク、オールドバラ等の音楽祭や、ウィーン・コンツェルトハウス、カーネギー・ホール、アムステルダム・コンセルトヘボウ、バービカン・センター、ウィグモア・ホール等のコンサートホールに登場している。オペラでも、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、イングリッシュ・ナショナル・オペラ、ミラノ・スカラ座等、数多くの劇場に登場し絶賛される。これまでに、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ロンドン響、シカゴ響、ボストン響、ニューヨーク・フィル、ロサンゼルス・フィル等のオーケストラと、サー・サイモン・ラトル、サー・コリン・デイヴィス、サー・アンドリュー・デイヴィス、小澤征爾、リッカルド・ムーティ、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ダニエル・バレンボイム、ダニエル・ハーディング等の指揮者と共演している。録音の分野でもグラモフォン賞をはじめ数多くの賞を獲得し、グラミー賞には計15回ノミネートされている。ワーナー・クラシックスと専属契約を結び、2016年にはアントニオ・パッパーノとの『シェイクスピア・ソングズ』をリリース、グラミー賞を受賞した。近年のハイライトは、パッパーノ指揮ベルリン・シュターツカペレとの共演でブリテンの『戦争レクイエム』、パリ国立オペラでヘンデルの『イェフタ』のタイトル・ロールのほか、ソウル・フィルのアーティスト・イン・レジデンスを務める。オックスフォード大学で歴史学の博士課程を修了、セント・アンドリュース大学の名誉音楽博士、オックスフォード大学の名誉フェローを授与されている。2004年には大英帝国勲章のひとつであるCBE勲章を受勲。Faber&Faber社より出版した『Schubert's Winter Journey: Anatomy of an Obsession』(邦訳『シューベルトの「冬の旅」』)は、2016年ダフ・クーパー賞を受賞した。
サスキア・ジョルジーニ  Saskia Giorgini ピアノ
同世代の中でもっとも注目されるピアニストの一人。2016年モーツァルト国際コンクールで優勝と同時に委嘱作品特別賞を受賞し、一躍注目を浴びる。これまでに、ウィーン・ムジークフェライン、ウィーン・コンツェルトハウス、ザルツブルク・モーツァルテウム大ホール、ポーランド国立ワルシャワ・フィルハーモニー、ヴェニスのフェニーチェ劇場、ユトレヒト国際室内音楽祭、ローマのMITO 9月音楽祭、ヴァンクーバー音楽祭等に出演し、ギドン・クレーメルが主宰するロッケンハウス室内音楽祭にも参加している。2013年、NYCA響とラフマニノフのピアノ協奏曲第1番で共演し、ニューヨーク・デビューを飾った。これまでに、CBC放送管、フォアアールベルク響等のオーケストラと、ジェラール・コルステン、アンドレア・バッティストーニ等の指揮者と共演している。室内楽では、イアン・ボストリッジ、マルティン・フレスト、ジャニーヌ・ヤンセン、マリオ・ブルネロ等と共演している。近年のハイライトは、ウィーン・コンツェルトハウスでのソロ・デビューや、ソウル・フィルでのコンサート・シリーズとサンクトペテルブルグ・フィルハーモニーに登場するほか、ボン・クラシック・フィルと共演する。また、ヘルムート・ドイチュとブラームスの『愛の歌』を演奏し、イアン・ボストリッジ、モイツァ・エルトマン、ケイト・リンジー、ディミトリー・コルチャック、ルカ・ピサローニらとも共演する。4歳でピアノを始め、15歳よりイモラ音楽院で学び、フランコ・スカーラ、リッカルド・リサリーティ、ルイ・ロルティ、レオニード・マルガリウス、ミシェル・ダルベルトに師事。トリノ音楽院ではクラウディオ・ヴォゲーラに師事し、首席で卒業した。その後、ピネロロ音楽アカデミーでエンリコ・パーチェに、ザルツブルク・モーツァルテウム大学大学院でパーヴェル・ギリロフに師事した。