ページトップへ

バロックザール
トップ » 青山音楽賞トップ» 歴代受賞者 » 大谷正和
青山音楽賞歴代受賞者
AOYAMA MUSIC AWARDS
1992年 《第2回》 青山音楽賞
富久田治彦
大谷 正和
大谷 正和 おおたに まさかず /ピアノ
 京都市立芸術大学卒業。同大学院修了。フランス国立リヨン高等音楽院修了。第3回日本現代音楽ピアノコンクール優勝。大阪フィルハーモニー、京都フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団などのオーケストラと共演。現在、京都女子大学発達教育学部教授。
 私が青山音楽賞を頂いた1992年度は、この賞が創設されて2年目の年であり、京都の音楽界に何か新しい事が起こりそうな、そんな気運が高まっている時代でした。そしてこの名誉ある賞を頂き、期待と不安の中フランスに留学したのがつい昨日の事のように思い出されます。あれから20年が経ち、音楽界を取り巻く状況や社会情勢は刻々と変化し、当然ながら自分自身も年齢を重ねました。今後は、フランスで学んだ数多くの財産を次の世代へと伝えていくこと、そして音楽を通して自分なりの社会貢献をしていくことを目標に、更に精進していきたいと考えています。