ページトップへ

バロックザール
トップ » 青山音楽賞トップ» 歴代受賞者 » 白川深雪
青山音楽賞歴代受賞者
AOYAMA MUSIC AWARDS
1995年 《第5回》 青山音楽賞
白川深雪
白川 深雪
白川 深雪 しらかわ みゆき /ソプラノ
 京都市立芸術大学卒業及び同大学院修了後、渡欧。11年間ドイツ滞在。2008年帰国後国内外のオーケストラと共演。第11回飯塚新人音楽コンクール第1位、第4回J.S.G.国際歌曲コンクール第1位、第8回日本モーツァルト音楽コンクール第2位、大阪文化祭奨励賞他受賞。2013年オペラ《アイーダ》でアイーダ役を演じる。
 音楽賞を受賞したことによって学生時代からずっと抱いていた夢、念願のドイツへ留学することが出来ました。ドイツリートを歌う上で最も重要とされるドイツ語も養うことが出来ました。私にとって最も大きな財産となったことは、音楽賞やコンクールなどで受賞に繋がった歌曲で学んだ、詩人エドワード・メーリケと直接友好関係にあった祖祖父をお持ちのH.J.カウフマン氏と知り合うことができたことです。本来ならば博物館に保存されるべきメーリケの手書きの手紙を見せていただきその詩をカウフマン氏の伴奏で歌うことができたのです。この青山音楽賞をいただいたからこそ巡ってきた奇跡的な出会いであったと思います。また賞を与えられたことによって賞に恥じない自分を作るという気持ちも生まれ、私にとっての「青山音楽賞」は今もなおこの賞が音楽家としての現在の自分自身を育ててくれる貴重な存在となって居ます。