ページトップへ

バロックザール
トップ » 青山音楽賞トップ» 歴代受賞者 » 窪田健志
青山音楽賞歴代受賞者
AOYAMA MUSIC AWARDS
2013年 《第23回》 音楽賞
窪田健志
窪田 健志
窪田 健志 くぼた たけし /打楽器
 大阪生まれ。長野県上田高校を経て、東京藝術大学卒業後、同大学院修士課程修了。2002年東京佼成ウインドオーケストラ アジア公演を皮切りに、様々なオーケストラメンバーとしてシンガポール、チェコ、ドイツなどで演奏。日本管打楽器コンクール第2位。PMF、別府アルゲリッチ音楽祭、小澤征爾音楽塾オペラ公演などに参加。芸大フィルハーモニアと打楽器コンチェルトを協演。歌手 谷村新司と奈良、東大寺での演奏や、フジテレビ系列「のだめカンタービレ」出演、演技指導、CD録音など、活動は多岐に渡る。2010年(公財) 名古屋フィルハーモニー交響楽団ティンパニ・打楽器奏者に就任。現在、首席奏者を務める。2012年より洗足学園音楽大学非常勤講師。2013年には電気文化会館・東京文化会館・京都青山音楽記念館で、リサイタルを開催。名古屋公演に対して名古屋市民芸術祭ベスト・アーティスト賞受賞。「くぼった打楽器四重奏団」「パーカッション・ギャラリー」「パーカッシヴ・フォース」各メンバー。