ページトップへ

バロックザール
トップ » 青山音楽賞トップ» 歴代受賞者 » 山本康寛
青山音楽賞歴代受賞者
AOYAMA MUSIC AWARDS
2014年 《第24回》 音楽賞
山本康寛
山本 康寛
山本 康寛 やまもと やすひろ /テノール
 京都市立芸術大学声楽専攻卒業、同大学院修了。第82回日本音楽コンクール第2位、平成24年度平和堂財団芸術奨励賞、第32回飯塚新人音楽コンクール第1位、並びに、文部科学大臣賞等を受賞。第25回宝塚ベガ音楽コンクール第2位。NHK-FMのリサイタル・ノヴァに出演し放送された。ミサ曲、第九、モーツァルトのレクイエム、オルフのカルミナ・ブラーナ、メンデルスゾーンのエリア等の各ソリスト、またバッハのクリスマス・オラトリオでは、エヴァンゲリストを務める。オペラでは、モーツァルト「魔笛」タミーノ、青島広志「黒蜥蜴」雨宮潤一、マスカーニ「友人フリッツ」タイトルロール、ニコライ「ウィンザーの陽気な女房たち」フェントン、ラヴェル「子供と魔法」小さな老人、松井和彦「泣いた赤鬼」赤鬼、百姓等を演じる。2014年の沼尻オペラセレクションではコルンゴルド「死の都」パウル役に抜擢された。他にも、ヤナーチェクの歌曲集「消えた男の日記」のオペラ化上演など、様々な分野で精力的に活動している。これまでに安藤恭子、北村敏則、各氏に師事。現在、びわ湖ホール声楽アンサンブルソロ登録メンバー。また、びわ湖ホール4大テノールとしても活動している。