コンサートスケジュール Concert schedule

主催公演 販売中

川口成彦 フォルテピアノ レクチャーコンサート ~若きショパンが生まれた時代~

2020 45 (日)
開場 開演

公演情報

入場料

¥3,000

¥3,000(一般)・¥1,500(学生)【全席指定】★2019年11月29日(金)午前10時00分よりWEB先行、12月7日(土)午前10時00分より窓口にてチケット発売開始

開催日時 2020年4月5日(日)
15:00開演(14:30開場)
出演者 川口成彦(フォルテピアノ)
演奏曲目 ◆ベートーヴェン:ポロネーズ ハ長調 Op. 89
◆ウェーバー:舞踏への勧誘 変ニ長調 Op. 65
◆フィールド:夜想曲 第2番 ハ短調
       夜想曲 第4番 イ長調
◆シューベルト:幻想曲 ハ長調(グラーツの幻想曲) D. 605A
◆ショパン:ポロネーズ 第11番 ト短調
  4つのマズルカ 第47番(遺作)イ短調 Op. 68-2
  夜想曲 第19番 ホ短調 Op. 72-1
  葬送行進曲 ハ短調 Op. 72-2
  ピアノソナタ 第1番 ハ短調 Op. 4
チケット販売・
お問い合わせ

◎青山音楽記念館 075-393-0011
◎バロックザールオンラインチケット 
https://yyk1.ka-ruku.com/barocksaal-s/showList
※未就学児入場不可


出演者よりメッセージ

 古典派とロマン派が交差した境界の時期が1810年~20年代で、当時、ベートーヴェンは、ポーランドの音楽に基づく「ポロネーズ」を創作し、一方、ショパンは、ワルシャワ時代からドイツ音楽の影響を受けていました。
 また、シューベルトの幻想曲 ハ長調(グラーツの幻想曲)は、ショパンのアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズと音楽的な類似性を持つ印象を受けます。このように、西欧の同時代の作曲家の創作上の着想が、相互の国の音楽であるという背景を知ると、異なる作曲家同士の作品が国境を超えて、音楽的な影響を受け合いながら密接な結び付きを持っていることが分かります。
 今回のレクチャーコンサートでは、特にショパンのピアノソナタ 第1番 ハ短調 Op. 4の作品が聴きどころのひとつとなっています。ショパンのピアノソナタでは、第2番や第3番が有名でありますが、ショパンのあまり知られていない「第1番 Op. 4」の演奏から、初期のショパンの音楽の別の側面が浮き彫りになります。
 ある作曲家のメジャーな作品だけを聴くだけでは、その作曲家の音楽の本質までは理解できません。例えば、ピカソでもキュビスムの作品だけでなく、青の時代や初期の作品を鑑賞することでピカソの創作表現の全体像が明らかになります。それは、音楽でも同じことで、ショパンの稀有な作品の聴取が、新たなショパン像を知る契機になると考えています。

川口成彦(談)2019年10月13日、青山音楽記念館 バロックザールにて

チケット購入方法

  • インターネットでの予約購入

  • お電話での購入

    075-393-0011

    受付時間:9:30〜18:00 / 休館日:月・火

  • ホール窓口での来場購入

    受付時間:9:30〜18:00 / 休館日:月・火

その他おすすめコンサート

  • 主催公演 販売中

    青山音楽財団設立30周年記念プレコンサート クァルテット・エクセルシオ&クァルテット・アルモニコ ~バロックザール賞受賞の弦楽四重奏団による競演~

    2019 128 (日) 開場 開演

  • 主催公演 販売中

    エリソ・ヴィルサラーゼ ピアノリサイタル ~ロシアピアニズムの真髄を聴く~

    2020 115 (水) 開場 開演

  • 主催公演 販売中

    ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテ ~華麗なるイタリア古楽の世界~

    2020 223 (日) 開場 開演